• フィードバック
  • 成功事例
  • マーケット情報
  • キャリア・アドバイス
  • ジャスティさん

    今年52歳になります。インハウス弁護士として働いていた会社で早期退職を募っているので退職金でまとまった額がもらえるので辞めて転職活動を始めましたが苦戦しています。どこの会社でも30代〜40代の候補者を探していると履歴書を出した段階で断られてしまい、会社を辞めてしまったことが悔まれます。50代のニーズはマーケットにはもうないのでしょうか。

    苦戦中50代


    苦戦中50代さん

    ご質問の内容からかなり焦っていらっしゃるような印象を受けますが、落ち着いてこれまでの経験を振り返り整理してみてください。

    インハウス弁護士の新規採用には会社の様々な思惑が反映されるため会社全体で若返りを図りたいと考えていれば「30代〜40代の候補者を探す」という方針で選考を進めます。弊社エージェント達が日々お話をしている採用担当の方々も、 年齢は30代〜40代が理想的と言う方が多いです。ただ、全てのサーチが実際に30代〜40代の方々に決まるかというと、そうではありません。年齢・スキル・専門性・マネジメント経験等を考慮した総合的な判断で結局50代の方に決めたという結果は意外と多くあります。

    50代で活躍なさっている方は年齢相応の経験をお持ちです。「30代〜40代」の候補者と比較した際に明らかに勝っている点、特色やニッチな経験をお持ちの場合もあります。年齢以外の面でアピール出来る点を洗い出し上手く活用することが転職活動の成功の鍵になるかもしれません。

    良いご縁に巡り会えますように。

    ジャスティ

    Posted by 

    ジャスティ

    ザ・リーガル・ビーグル

    ジャスティに質問する
    から探す

    最初の一歩

    03/04/2018

    Justyさん   こんにちは。 私は留学と研修から帰ってきた9年目の弁護士です。 インハウスか他事務所へ転職したいのですが、何をどこから始めたらよいのか分かりません。どう... 続きを読む

    売手市場は続きますか?

    13/05/2019

    Justy様 こんにちは。いつも読んでいます。 私は留学を控えた4年目の弁護士ですが、最近ヘッドハンターから頻繁に電話があります。私は直近で転職の予定はないのですが、留学後には... 続きを読む