• フィードバック
  • 成功事例
  • マーケット情報
  • キャリア・アドバイス
  • ジャスティさん

    転職するなら35才までと聞きますが、これは本当なのでしょうか。

    弁護士金太郎


    弁護士金太郎さんへ

    ご質問ありがとうございます。

    昔、転職することを「とらば〜ゆする」と言っていた時代があります。「転職するなら35才までに」という考え方もその頃産まれたのではないかと思います。時代が変わり「とらば〜ゆする」は死語になりましたが、「35才限界説」は生き残っています。

    この35才限界説は誤解を招きやすいです。35才くらいまでにキャリアをスタートしないと一人前になる確立が極端に低くなる、という考えがこの説が生き残っている理由ですが、これはキャリアを完全に新しい分野に変える場合です。例えば、先生がラーメン屋をやりたいと考えているのであれば、35才位までにスタートした方が良さそうなのは明白だと思います。弁護士としての転職を考えるのであれば、35才を過ぎた頃にはジュニア・アソシエイトにはない強み、つまり知識・経験が身についており、若い時よりも違った競争力をアピールして強気の転職・移籍が出来そうなのも然りかと思います。

    35才限界説は全てに当てはまることではありません。振り回されないようお気をつけ下さい。

    良いご縁に巡りあえますように。

    ジャスティ

    Posted by 

    ジャスティ

    ザ・リーガル・ビーグル

    ジャスティに質問する
    から探す

    留学から帰国後に転職を考えています

    18/11/2014

    リーガルビーグルさんへ現在留学中です。帰国まで10ヶ月程度あるのですが、事務所に戻ることは考えておらず、インハウスへの転職を希望しております。いつ頃から準備を始めるべきでしょうか。... 続きを読む

    倒産弁護士のインハウス転身

    29/03/2021

    Justyさん   私の専門は倒産です。別の法律事務所へ移ることは考えておりませんが、インハウスには興味があります。ただ、倒産専門の弁護士がインハウスへ移った事例を知りません。... 続きを読む