• フィードバック
  • 成功事例
  • マーケット情報
  • キャリア・アドバイス
  • Justyさん

    いつもお世話になっております。
    最近ヘッドハンターから頻繁に電話をもらいますが、「長期的なお付き合い」という言葉が良く使われています。実際のところ長期的とはどの程度の期間なのでしょうか。

    渉外弁護士一年生


    渉外弁護士一年生様

    ご質問ありがとうございます。
    「長期的」の意味はヘッドハンターによって違うと思います。弊社では5年から20年以上を「長期的」と考えております。実はヘッドハンティング業界は競争が激しく、3-5年で淘汰されてしまうヘッドハンターが少なくありません。先生方のキャリアは3-5年で終わるものではないのに、キャリア・アドバイスを提供する者が3-5年でいなくなってしまうのは残念な話です。

    ヘッドハンターが生き残るには、候補者の方々に「このヘッドハンターは使える!」と思ってもらい、長いキャリアの伴走者として選んでいただくことだと考えております。先生方のキャリアの成功が、弊社にとっての成功であります。

    弊社の「長期的」は本当に長いですが、先生方とWin-Winの関係を築くことで、この長いお付き合いを達成していきたいと考えております。

    よいご縁に巡り会えますように。
    Justy

    Posted by 

    ジャスティ

    ザ・リーガル・ビーグル

    ジャスティに質問する
    から探す

    どれくらい頻繁にキャッチアップすべきですか?

    07/06/2019

    Justyさん こんにちは。 私はまだ移籍を真剣に考えていませんが、転職市場の動向は把握していたいと希望しています。 つきましては、どの程度の頻度でエージェントの方とキャッチ... 続きを読む

    第3の選択肢

    27/02/2018

    Justyさん   こんにちは。いつも楽しく記事を見ています。 今年の7月から米国に留学するのですが、帰国のタイミングで転職を考えています。 どのような選択肢がありますか。... 続きを読む