• フィードバック
  • 成功事例
  • マーケット情報
  • キャリア・アドバイス
  • Justyさん

    いつも拝見しております。
    私は将来的に海外での就労を希望しておるのですが、外資系企業で働くと海外で就労するチャンスは増えるのでしょうか。
     
    海外志向弁護士

    海外志向弁護士様
     
    ご質問ありがとうございます。
    外資系企業の日本オフィスから同じ会社の海外オフィスへ転勤するには2つのパターンが考えられます。まず日本で法務部長になり、その後東アジアの法務部長になって香港かシンガポールへ転勤というパターンです。これには時間も必要ですし、何より相当な競争に勝ち残る必要があります。日本だけでなくアジア地域で出世競争に勝つためには、弁護士スキルだけではなく英語力と社内政治が上手であることが必須です。
    もう一つのパターンは社員のモビリティを奨励している会社に就職し海外勤務を希望するパターンです。数は少ないのですがこういった外資系企業は存在しています。海外志向の強い日本国法弁護士はそれほど多くなく、法務部内の競争は激しくない可能性もあります。ただ、日本オフィス全体を見渡すとモビリティを希望する社員が一定数いる可能性はあり、ここでもある程度競争はあると推測されます。
     
    良い御縁に巡り会えますように。
    Justy

    Posted by 

    ジャスティ

    ザ・リーガル・ビーグル

    ジャスティに質問する
    から探す

    金融機関での給与レベル

    26/02/2021

    Justyさん 私は渉外事務所で金融を担当している4年目の弁護士です。もし金融機関のインハウスへ転職するならば、給与はどの程度期待できるものでしょうか。 金融弁護士 ... 続きを読む

    何人と付き合うべき?

    24/02/2021

    Justyさん いつも拝見しております。私は3年目の弁護士です。これまで複数のヘッドハンターの方と話をしたことがありますが、どなたか一人に絞って話をしたほうが良いのでしょう... 続きを読む