• フィードバック
  • 成功事例
  • マーケット情報
  • キャリア・アドバイス
  • 前回の記事では、リモートワークによって生まれた時間の活用法として英語力アップの方法をご紹介しました。今回は2つ目の活用法をご説明します。

    活用法その2:キャリアを考える= 現在までの振り返り + 今後の計画

    普段は自身のキャリアについて落ち着いてじっくり考える時間がないと思います。せっかくできた時間をご自身のこれまでと今後のキャリアについて考えることに費やしてみてください。

    ■これまでの振り返り
    現在までに担当した業務の棚卸しをすることは今後のキャリアを考える上で重要です。特にいずれ転職や移籍を考えている方は、このタイミングで職務経験を具体的に書き出し、職務経歴書の叩き台を作成することをお勧めします。いざ準備をするとなると結構時間がかかるもので、記憶を辿りまとめていく作業も骨が折れます。今回作成したら、是非定期的に更新してみてください。いざ転職しようと決めたときにスムーズに進めることができます。転職をお考えでない方にとっても、今の会社や事務所での評価面談やパートナーシップ選考等、キャリアアップを図る上で役に立つでしょう。

    ■今後のキャリア計画
    今後どういったキャリアを歩みたいか、何をやりたいのかを考えてみてください。例えば、3年後、10年後、順調にキャリアを積んでいる自分は、どんな会社、チーム(部下・上司・規模)、業界、給与で働いているだろう、と問いかけることも一案です。想像しながら書き出してみてください。そして、振り返った内容と比較し、想像したものに近づくにはどうすれば良いか逆算して考えます。このまま現職を続けることがベストか、転職するべきか等、考えられる選択肢を検討してみてください。

    [リクルーターと話すメリット]
    選択肢を考える上で、リクルーターと話すことは有益です。弊社のリクルーターは長期的なお付き合いを念頭に多くの方と日々やり取りをしております。直近で転職や移籍をお考えでなくても全く問題ないです。弊社から無理に転職を勧めることはないので、お気軽にご相談ください。前もってご意向をお聞きすることで、条件やご希望にマッチした求人が出た際にタイムリーにご紹介したいと考えております。皆様がチャンスを掴むための一助となれれば幸いです。

    英語力を身につけることもキャリア計画も時間のかかる長期的なものです。リモートワークによってできた時間の一部を是非活用してみてください。

    Posted by 

    吉政 優奈

    法務インハウス、法律事務所

    マーケット情報ブログ から探す

    若手アソシエート弁護士の採用 〜専門エージェントだから可能なサーチ 〜

    06/01/2020

    ある法律事務所から、若手日本国法弁護士を採用したいので手伝って欲しいと相談がありました。 条件は以下の通りです。 トップティア弁護士事務所に勤務 2年目から4年目 ... 続きを読む

    特別企画:外資系事務所で働くということ

    14/04/2016

    (第一回)フレッシュフィールズ 弁護士リクルーターの黒坂大です。この度フレッシュフィールズの木内潤三郎パートナーと中尾雄史パートナーに、自身のキャリア、外資系事務所で働くこと... 続きを読む